今年のフェス。

アピールの小山です。
今回のブログは音楽ネタです。
今期も写真ネタにしようかと思ったのですが、今のうちに自分の好きなものをブログで話しておかないと
後々あげられなくなる流れだったので投稿させていただきます。

なぜ、音楽ネタかと申しますと、summersonicについて書きたかったからです。

“サマーソニック(SUMMER SONIC)は、毎年8月上旬から中旬の間で2日間、土曜・日曜に千葉と大阪で開催される都市型ロック・フェスティバルである。
出演ジャンルの傾向について、当初は洋楽のロックを中心としていたが、音楽ファンの嗜好変化・多様化に合わせてジャンルレス化しており、2000年代後半以降は規模の拡大と共にJ-POP・アイドルユニットも出演している。
中高生向けのポップパンクから果ては高齢のベテランミュージシャンまで出演する実に雑多な顔を持つフェスである。”引用元wikipedia

つまり誰でも行きやすく、幅広いお客さんのためのフェス。という感じです。
交通の面から見ても県外からの行きやすさは魅力の一つです。
一般的に日本ではフジロックフェスティバル、RIJに並んで有名なフェスだと思います。
自分はこの手のイベントになると
サマーソニックに限らず「行きたかった!」などと当日になって叫んでいます。

以前、行った際にも様々なアーティストを楽しみました。

27265901_1160696190732903_829295559_o

27394144_1160696230732899_374017323_o

27393883_1160696264066229_1004976574_o

音楽と関係ない、飯とビールとただの道。最高ですね。
当日は毎回とにかく暑いような気がします。

現時点(先日第一弾ラインナップ発表)ではこんな感じです。
003

ありがとうクリエイティブマン。という感じです。今からタイムスケジュールに困る自分が想像できます。
これからどんどん他のラインナップも発表されると思いますがもう今年は行くことに決めました。

何より”My Bloody Valentine”の文字に震えました。
ブログで紹介はいたしませんが、気になった方はぜひ調べて見てください。
過去日本にきた際自分は中学生か高校生、聴き倒していたにも関わらず、
お金もなく見に行くことができず大変悔しい思いをしました。
正直もう見ることがないかなと思っていたので感無量です。

サマーソニックは最初に紹介した通り、友人家族恋人誰でも誘いやすく行きやすい音楽フェスとなっています。
みなさまも興味があれば、サマーソニックの動向を追って見てはいかがでしょうか。
今年の夏は現地でお会いしましょう。
(内部の人間みたいになってしまいすみません)

HOMEへ戻る

関連記事

  1. 曼荼羅模様のロゴ製作中
  2. 撮影日記1
  3. 苦手なイラストでも…
  4. 撮影日記(知覧編)
  5. 写真スタジオ導入開始!!
  6. 撮影用品到着
  7. カリグラフィー(英語習字)について
  8. 撮影日記

FACEBOOK

「A4」一枚アンケートセミナー情報

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031