ブログ

カテゴリー

「ヤマト運輸B2クラウドサービス」について備忘録

2021.3.31

アピールの佐々木と申します。

ECサイトで販売している商品の発送の送り状を容易に出来ないかとのことで、ヤマト運輸さんのB2クラウドサービスを導入してみました。
今回のケースでは「ヤフーショッピング」にてお茶の販売されております「お茶のにいやま園」さんにご協力いただき、ショッピングサイト「茶園結び」の送り状を出力することを例に備忘録としてこちらに記載いたします。

①テスト注文
ヤフーショップでの操作
テスト注文をかけます。
この際届け先の情報と依頼主の情報は異なるものにした方が今後の操作において分かりやすいです。

②テンプレート作成
ヤフーストアクリエイターProでの操作
「注文管理」ー「注文管理設定」ー「ダウンロード項目設定」より注文データのテンプレートの新規作成を行います。
任意のテンプレート名とファイル名を入力し、左側の項目一覧より必要なデータの項目を選択して追加して登録します。

③注文データダウンロード
ヤフーストアクリエイターProでの操作
「注文管理」ー「注文処理状況」より①で行ったテスト注文を選択し、「注文データダウンロード」より②で設定したテンプレートを選択してcsvデータをダウンロードします。

④ヤマト運輸送り状発行システムB2クラウドでの操作
「外部データから発行」より、データ取り込みのレイアウトを作成します。
「取り込みパターン」で「新規レイアウト」
「データ形式」で「csv形式」を選択します。
「ファイルの選択」より③でダウンロードしたcsvデータを選択し「取り込み開始行」を2行目に変更します。
下部の「紐付け設定」より、テスト注文の登録情報が右側の「データ抜粋の項目」に出てきますので
左側の「レイアウト項目」に照らし合わせて右側の「データ抜粋の項目」の紐付けを行います。
この設定では「<<追加で紐付け」より一行に情報を複数紐付けすることができます。
「取込み開始」ボタンを押すことで上記の紐付けで設定した「取込みパターン」の登録を行います。
この際、取込みパターン名はわかりやすいもので設定すると良いです。
「取込み結果一覧」よりテスト注文の登録情報が正確に反映されているのを確認します。
間違いがあれば紐付けをやり直すことで修正可能です。

・実際に注文があった際の流れに関しまして
作成したテンプレートで注文データダウンロード→B2クラウドでデータ取込み→注文を選択し発行開始→送り状を印刷

・今回の一連の作業を通して一番困惑したこと
B2クラウド上でご依頼主の住所(都道府県~番地まで)を一行で入力したいところ、ヤフーストア側では一行で出力ができなかったことです。
その解決策が④で行った「<<追加で紐付け」という操作です。
これにより住所情報を単体で出力したものを一行にまとめることができました。
その操作を知っていればなんてことはないことですが、その存在を知るまでは試行錯誤しました。

実際に注文して「お茶のにいやま園」さんから届いた商品がこちらです。

 

ほっと一息つきたい時間のおともに、ちょっとした手土産にいかがでしょうか。
ご興味のある方はぜひ!

「お茶のにいやま園」
https://ochanoniiyamaen.com/

「茶縁結び」(ヤフーショッピングサイト)
https://shopping.geocities.jp/chaenmusubi/

一覧へ戻る